アジング〜初めての道具選び

実際にアジングを始めてみようと思う人がまず悩んでしまうのが、道具選びではないでしょうか?
釣具屋に行ってみると、たくさんのロッドやルアーが並んでおり、どれを選んだらいいのか迷ってしまうのでは?
そこで今回は、アジングの道具選びについての概要を解説します。

スポンサーリンク

アジング〜初めての道具選び

リール

アジング特有の繊細な釣りをするには…

釣りをしている人ならば、自身の持っている道具で流用できないのかと思うはず。
結論からいえば、流用はある程度可能。
バスロッドやエギングロッドでいえば6~8ftの柔らかい竿なら大丈夫であり、リールも2000~2500番くらいの型番で、PEラインを0.8~1号のものを巻いているなら使用可能と考えます。

しかし、実際にはアジング専用の道具が最適であるのは間違いありません。
アジング専用の道具は高感度だし、アジのウェイトとパワーに合わせた絶妙なバランスを持ちます。
バスやエギングはターゲットが大きいので、アジングを行うには道具自体がパワーオーバーです。
そのため、アジング特有の繊細なアクションや小さなアタリを取ることがとても困難です。

高額商品でなくてもよい

釣具屋のアジングコーナーには、たくさんの専用アイテムが並んでいます。
種類や値段が様々で、どれを選べばよいのか、初心者はとても悩むことでしょう。
値段の観点から考えると、初心者が最初に手にするロッドやリールは、高価なものはオススメしません。
その理由は、高価な道具は特に使用後の手入れが必要で、それを怠ってしまってせっかくの道具を駄目にしてきた初心者を何人も見ているからです。
かといって、5000円までのロッドは感度やバランスが十分でないし、リールも安すぎると重たくて感度に悪影響が出てしまいます。
最低でも8000円~10000円クラスのロッドやリールが適度に丈夫で、初心者にも扱いやすい設計をしているのでオススメです。

まずはジグヘッド&ワーム

ロッド、リール以上に種類も多く、選択に迷ってしまうのがルアーです。
詳しい内容は後述しますが、最初に選ぶべきルアーはジグヘッド、ワームを3種類ずつ購入するのが望ましいです。

ジグヘッドに関しては0.8g~1.5g程度、ワームに関しては蛍光色とクリア系が基本。
自分が釣れそうと思うものを直感で選んでみるのもよいです。
ジグヘッドとワームがあれば、どこの釣り場でもある程度通用します。

初期投資は最低でも2万円前後がベスト

最後に、初心者が最初に道具を揃える予算について。
初期投資は20000円程度あれば、十分にアジを釣ることができる道具が揃うと考えます。
ロッドとリールとラインがそれなりに予算が必要ですが、メインルアーとなるジグヘッドとワームはとても安いのが、アジングの魅力の一つ。
高額商品は高機能でとても素晴らしいものが多いですが、それはアジングをある程度できるようになってから購入する方が、より自分に合う道具を選べると思います。

アジングの道具の選び方の概要はここまで。
お次はロッドやリールの選び方を、具体的に解説をします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする