【絶対に釣れるアジング】初心者のリールの選び方のポイント

釣りの必須アイテムのリールは、たくさんの種類がお店に並んでいて、どれを選べばよいかとても悩まされます…。
そこで今回は初心者に向けて、アジングでのリールの選び方のポイントを解説します。

スポンサーリンク

【絶対に釣れるアジング】初心者のリールの選び方のポイント

ダイワ、シマノの8000〜10000円クラス推奨

今現在釣り業界ではダイワ、シマノの二社がシェアを独占しています。
その中でも軽かったり重かったり、機能の差があったり、安かったり高かったり、選択肢が多数あります。

初心者のリール選びについて、値段の面から考えると、前述の二社のリールで8000円台から10000円前後のものを選べばまず問題ありません。
もちろん、それ以上の値段のものは当然高性能ですが、10000円程度のものでもなかなかの性能です。
その価格帯でオススメのリールはダイワではレブロス、シマノだとナスキーあたりになります。
両リールとも巻き心地がよく、ストレスフリーにアジングができると思います。
リールのサイズについては、1000番から2000番くらいがベスト。

フックアウト回避、アジングで重要なドラグ機能

アジングで重要な機能が、ドラグです。
ドラグとは、糸が強く引っ張ったりされた時に、リールから自動的に糸が出る仕組みのことです。
アジングにおいて、なぜドラグが重要なのか?
それは、アジの口は非常に弱く、フックアウトしやすいからです。
ファイト中に急に突っ走ったり反転すると、どうしてもフックアウトしてしまいます。
その時にアジの泳ぎに合わせて糸が出ると、上手い具合にハリが掛かった状態を維持できます。
安いリールはこのドラグ機能が不十分の場合が多いので、注意しましょう。
余談ですが、ダイワのドラグ音はジーッ、シマノはリリリッと鳴ります。
他の釣り人がドラグを鳴らしてみたら、聞き比べてみるととても面白いです。

アジングでのノーマルギアとハイギアの使い分け

リールには、ノーマルギアとハイギアのものがあります。
違いを簡単に説明すると、リールのハンドルを回したら、より多くの糸を巻き取れるのがハイギアです。
一昔前まではハイギアのものは巻き心地が重いとされていましたが技術の進歩により、その二つに大きな差がなくなりました。
では、アジングに有利なのはどちらでしょうか?
それについては、一長一短があります。
ルアーを引く際にゆっくり巻いて、長い時間ルアーを見せながらじっくり攻めることに重点を置くならノーマルギア。
手返しを多くし、展開の速い釣りをするならばハイギアがよいでしょう。
初心者はノーマルギアで始めて、慣れてきたら自分の求めるスタイルに合ったギアのものを選びましょう。

利き腕の逆手でリーリングをしよう

最後に、リールのハンドルの向きについて。

リールのハンドルは、利き腕の逆手の向きを選びましょう。

つまり、右利きの人は左ハンドル、左利きの人は右ハンドルです。
実は、右利きの人のほとんどが、右ハンドルで釣りを行っています。
この場合、右手でロッドを握った状態でキャスト、着水と同時にロッドを左手に持ち替えてアクションを開始しますが、この一連の流れがアジング的にはNGです。
この動作の間にアジがヒットし、合わせが遅れて上手く掛からないという場合があります。
高活性時のアジはルアー着水時にヒットすることが、珍しくありません。
それに加えて利き腕でのロッド・ワークは、より繊細なアタリ捉えやすく、こまかなルアーアクションもしやすいです。
私は右利きで、釣りを始めた当初は当然のように右ハンドルでしたが、先輩に指摘されてから左ハンドルに替えました。
長い期間利き腕でハンドルを巻いていたので矯正し始めは慣れなかったですが、テレビを見ながらハンドルを回していたら3日程度で慣れました。

購入時のハンドルの向きに関わらず、リールのハンドルは簡単に左右に付け替えることができるので、覚えておきましょう。

もちろん、利き腕でロッド・ワーク、利き腕の逆手でリーリングするようになってからは、釣果がアップしましたよ!

アジングに最適なリールを購入して、より快適なフィッシングライフを楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする