【絶対に釣れるアジング】初心者必見、ライン選びの基本

現在釣り業界では4種類の素材を使用したラインが主に使われています。

4種類の素材:ナイロン、フロロカーボン、PE、ポリエステル

それぞれに長所や短所を理解して、アジングの技術に応用しましょう。

スポンサーリンク

【絶対に釣れるアジング】初心者必見、ライン選びの基本

適度な伸び、ナイロン

ナイロンの長所はなんといっても他の三つに比べ安価であり、手軽な価格で売られていることです。
適度に伸びがあり、その弾力で自動的にアジの口に掛かる
アジとのファイト中に伸びのおかげでばれにくい
欠点は伸びがある分だけ、感度が低いこと。
さらに劣化が早い
数回の釣行でラインに海水が浸透し、強度が落ちてしまうことも揚げられます。

感度と根擦れ強度あり、フロロカーボン

長所といえばあまり伸びず感度がよい
ナイロン、ポリエステルに比べ、劣化もしにくい
強度もそれなりにあり、根ずれに強い
欠点はリールに巻いていると簡単に巻癖がついてしまい、ライントラブルが続発してしまうこと。

感度抜群、引張強度強し、PE

最大の特徴はなんといっても引張強度が高いことです。
他の三つの素材と比べると、同じ太さであれば数倍の強度があります。
さらに、極細の繊維を編みこんでできているので、まったく伸びず、感度も良く手元にダイレクトにアタリが伝わります。
また、長期間の使用に耐え、劣化しにくいです。
欠点は風に弱い
比重が軽いので横風が吹こうものなら釣りにならないことがあります。
さらに、根ずれや擦れには弱い
そのためにショックリーダーを使用しますが、それを結ぶ煩わしさもあります。

デュエル(DUEL) ARMORED F+ Pro アジ・メバル150M 0.2号 H4094 ライトピンク 0.2号
デュエル(DUEL) (2015-09-12)
売り上げランキング: 34,718

感度、潮馴染みよし、ポリエステル

このラインは比較的新しく登場した素材のラインです。
長所は伸びがほとんどないので、PEに匹敵する感度の良さがあります。
軽い比重でなかなか深場を攻められないPEに比べ、潮馴染みが良いです。
欠点は瞬間的な力に弱く、劣化も早い

サンライン(SUNLINE) SaltiMate 鯵の糸 エステル 240m 0.3号/1.5lb
サンライン(SUNLINE)
売り上げランキング: 76,851

以上の点をわかりやすくランキング化してみると・・・。

強度:一位、PE 二位、フロロ 三位、ナイロンポリエステル

比重(重さ):一位、フロロ 二位、ポリエステル 三位、ナイロン 四位、PE

感度:一位、PEポリエステル 三位、フロロ 四位、ナイロン

劣化しにくさ:一位、PE 二位、フロロ 三位、ポリエステル 四位、ナイロン

価格(安さ):一位、ナイロン 二位、フロロ 三位、ポリエステル 四位、PE

根ずれの強さ:一位、フロロ 二位、ナイロン 三位、PE 四位、ポリエステル

釣りのスタイルでお勧めラインを選ぶと、
初心者には扱いやすくて安いナイロン。
底まで沈めたり、風があるときに使うならフロロカーボン。
テクニカルに積極的にアタリに掛けていく釣りならポリエステル。
キャロやプラグ、遠投をして沖を攻めるのであればPE。と言った具合になるでしょう。

いずれにせよ、アジングは0.6号以下の極細のラインを使うことが多いです。
極細のラインでアジを釣るのは非常にスリリングなのは間違いありません。
こういった面が、アジングの妙味であると言えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする