【アジング初心者】ジグヘッドの形状、重さ、カラーの違いとは?

ジグヘッドとは、オモリとフックがが一体化したものです。
ジグヘッドは、様々な重さ、形状のものがリリースされています。
重さについては、狙う水深やターゲットで変わりますが、アジングの場合は1g前後がメインとなります。
今回は、ジグヘッドの形状に絞って、解説を行います。

スポンサーリンク

【アジング初心者】ジグヘッドの形状、重さ、カラーの違いとは?

ジグヘッドの形状の違い

ジグヘッドの形状は丸型、矢じり型、波動型の三つに大別できます。

アジングのジグヘッド

探りの丸型

基本的なジグヘッドの形状であり、もっとも汎用性が高い型です。
形状はその名の通り球体のような形だったり、弾丸のような形のものもあります。
適度に潮の抵抗を受け流すことができます。
また、オモリのフォルムが魚の頭を模していたり、アイ(目玉)シールが付いていたりするものもあります。

丸型の有効なシチュエーション
釣り場に付いてアジがどのような活性なのか、どの深さにいるのかわからないときに最初の一手として使うのに適しています。
ゆっくり巻いたり、沈むスピードも普通の基本形の型なので、オールラウンドに対応できるのが強みです。

スピードの矢じり型

丸型に比べ、オモリが尖がっています。
そのため潮の抵抗が少なく、速く巻く釣りに適しています。
ダートアクションが得意な形状です。

矢じり型の有効なシチュエーション
アジの活性が高い時に、手返しよく数を伸ばしたり、速い釣りを展開したい時におすすめ。
また、矢じり型ならではのダートアクションは、アジが小魚を捕食しているときに有効です。
竿をチョンチョンと動かすと、ジグヘッドが左右にピョンピョンと飛ぶように動きます。
この動きを、ダートアクションと呼びます。

じっくりの波動型

オモリの形状が、受け口のように抉れているのが特徴です。
潮の抵抗を受け止めるので、ゆっくり巻く釣りに適しています。
また、潮を受け止めるので、ジグヘッドが小刻みに振動したり揺れたりします。
その時に、周囲に波動を起こし、それが魚の食い気を誘発します。

波動型のシチュエーション
アジの活性が低くて食いが渋かったり、アタリがあるけど、上手く掛からない時に有効です。
波動を起こすことで遠くにいるアジに、リグの存在を知らしめたり、潮の抵抗が強いことを利用して、巻かずに潮に乗せて流す釣りをすることも可能です。

探りの丸型、スピードの矢じり型、じっくりの波動型と、覚えておきましょう。

ジグヘッドの重さの違い

通常、一つのアジング用のジグヘッドに対して、0.3g~2.0gぐらいまでの重さのバリエーションがあります。
そんな中でも3種類程度の重さを揃えておけば、大概の状況に対応できると思います。
おすすめの重さのラインナップは、0.8g、1.0g、1.2gです。

アジは吸い込むようにエサを捕食するので、ジグヘッドが重いと、上手く吸い込めません。
そのため、一般的にはジグヘッドは軽ければ軽いほど、アジングに有利と言われています。

とはいえ、アジングに慣れてない人がいきなり0.3gのジグヘッドをキャストするのはおすすめできません。
それは、0.3gだと軽過ぎて操作が難しいから。
そのため、初心者はまず操作性の高い0.8g以上ののジグヘッドをおすすめします。

重いジグヘッドはダメでは?と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。
重いジグヘッドの独壇場となるシチュエーションは、もちろんあります。
それは風が吹いている時や、アジの釣れる水深が深い時です。
風が吹くときに軽いジグヘッドを狙った場所にキャストするのはプロでも難しく、釣りにならないことがほとんどです。
また、深い場所を狙う際には、速く沈む重たいジグヘッドが圧倒的に有利です。
以上の点を踏まえて、状況に応じて重さを変えるのがよいでしょう。

ジグヘッドのカラーの違い

一般的にジグヘッドのオモリの素材は、鉛を使用していることが多いです。
塗装を施さず、鉛色のものが一般的です。

しかし、中にはメッキ加工されて銀色に輝くものや、蛍光塗料や夜光塗料を塗っているものもあります。
輝くものは、そのキラキラとするフラッシング効果でアジにアピールすることができます。
そのため、潮が澄んでいるときの常夜灯周りや昼間のアジングで有効な場面が多いです。

逆に潮が濁っていたり、真っ暗な場所で使うなら蛍光、夜光塗料のものがよいです。
アジの視界が悪い時でもしっかりと目立ち、アピールができます。
さらに夜光塗料のものは、暗闇の中でも光るので、キャスト時やジグヘッドを回収時にしっかりと視認できるので、快適にアジングができる利点があります。

アジングのジグヘッド選びの基本となる形状、重さ、カラーについて説明をしました。
文字で読むと難しく感じるかもしれませんが、実際に釣りをすれば、ジグヘッド選びはそれほど難しいものではありません。
アジングの初心者の方はまず、ジグヘッドの操作に慣れましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする