【ジグヘッドでなくても釣れる?】プラッギングでアジを釣ろう!

今までアジングの定番、ジグヘッドリグについて紹介してきましたが、今回はプラグについて説明します。

スポンサーリンク

【ジグヘッドでなくても釣れる?】プラッギングでアジを釣ろう!

基本はレンジ別の使い分け

プラグは小魚を模したものがほとんどです。
プラグの種類は多く、状況に応じてうまく使い分けることで、釣果アップを図ることが可能です。
プラグ選びで重要なのが、アジを狙うの時のレンジです。
そこで、狙いのレンジ別に、プラグの種類を簡単に大別します。

表層 ポッパーやペンシル

中層 ミノー

深場 バイブレーション

上記を参考にして、探りたいレンジを基準にしてプラグを選択するのがもっともシンプルな使い分け方法です。

プラグのシチュエーション別使い分け方法

実はプラッギングで最も活躍するのが、ポッパーやペンシルなどの表層系のルアーです。

ポッパー
水面をポコッポコッと飛沫を上げるように動かし探るルアー。
アジが小魚を追いかけ水面を跳ねまわっているときに有効です。

フローティングペンシル
略してフロペン。
ポッパーと同じような状況で有効です。
チョンチョンとロッドを動かし、水面をドックウォークという小刻みに左右に動くアクションで誘います。

この二つは、高活性のアジが水面を割るようにバイトしてくるので、視覚的に楽しむことが出来ます。

シンキングペンシル
略してシンペン。
キャスト後巻かずにいると、ゆっくり沈んでいくルアーです。
ルアーの動きは波打つように滑らかに動くので、ワームの釣り方に似ており、とても操作しやすいです。
沈める事も出来るので表層~中層をさぐるのに適しています。
小魚を捕食しているアジにも有効ですが、シンペンの種類によってはゴカイが泳ぐ姿を模したものもあるので、表層系の万能ルアーと言えます。

次に中層系のルアーについて。

ミノー
頭にリップが付いているルアー。
プラグの基本形といわれるものです。
巻くとプリプリと揺れるように動き、まさに小魚が泳ぐように動くのが特徴です。
ミノーは
フローティング 巻かないでいると浮かんでいくもの
シンキング   巻かないでいると沈んでいくもの 
に大別されます。

それぞれの使うシチュエーションは水深で使い分けるとよいです。
浅場であったり、アジのレンジが浅かったらフローティング。
逆なら沈めることができるシンキングといった感じです。

ミノーはただ巻きでも十分に釣れますが、お勧めのアクションがあります。
それはトゥイッチングです。
巻いている最中にロッドをチョンチョンと動かし、小魚が逃げ惑う様子を演出します。
反射するようなシルバー系のボディのものは、煌めきフラッシング効果も期待できます。

最後に深場のルアーを紹介します。

バイブレーション
バイブレーションは菱形のようなシルエットのものが多いです。
ボディの中に重ためのオモリが内蔵されているので、飛距離、潜行速度はこれまで紹介したルアーの中でもトップクラスになります。
ボディそのものが、鉄板でできているもの(鉄板バイブ)もあったりします。
巻くとブルブルと震えるようにアクションするので、まさにバイブレーションと言ったところです。
遠くに投げられ素早く沈むのを生かし、広範囲をサーチするのに優れ、振動によって波動を生みだすことによって、深場にいるアジを誘います。
ここで注意点を一つ。
バイブの種類によっては早めに巻かないと振動しないもの、つまりゆっくり巻いて誘うのが不得手なものがあるので気をつけてください。

バイブのお勧めアクションも紹介します。
リフト&フォールです。
ロッドを煽るように巻き、カーブフォールを行います。
このジグザグの動きによって、様々な水深を一度に探ることができるのです。

プラッキングのアジングは、高度なテクニックが必要な場面が数多くあり、ワームに比べ釣り難い場面があります。
しかし、プラグでしか釣れないアジも存在します。
テクニックが必要な分だけ、アジが釣れた時の喜びがとても大きいです。
ぜひ、アジングのプラッキングに挑戦してみてください。

プラグアジろう!
つりトップ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする